Select Language

  1. 界面前進凍結濃縮装置

製品情報

界面前進凍結濃縮装置

液体の成分を逃さず濃縮。濃い液体香料やスイカのアイスワイン、40度超えの日本酒まで、これまで世に存在しなかった高付加価値の液体を作り出します。

  • 界面前進凍結濃縮装置
  • 界面前進凍結濃縮装置

特徴

  • 膜濃縮や蒸留では失われる成分を逃さず濃縮。
  • 今まで濃縮技術が無かった液体香料(天然香料)やアルコール類の濃縮が可能に。新製品の開発に道が拓けます。
  • 医薬品など、加熱すると成分が失われる液体でも濃縮が可能。輸送コストを大きく削減できます。
  • 5L程度のラボスケールから50L程度の実用スケールまで対応可能。
  • 石川県立大学や石川県工業試験場との5年以上にわたる共同研究の成果。
  • 特許取得済。

特にオススメの使用場所

酒造、ワイナリー、香料メーカー、乳業、医薬品メーカー、貿易会社など

納入事例

  • スイカやマンゴーのアイスワイン?まったく新しい驚きを世に出す装置。

    ワインの等級は、原料となる果汁の糖度に大きく左右されます。その中でも最高クラスとされるのが、アイスワインと呼ばれるもの。これは、ブドウをあえて収穫せずに冬を待ち、凍った果実から溶け落ちる滴を集めて作られるもので、収率も悪く大変な人手が掛かります。明和工業の凍結濃縮技術は、この自然のプロセスを効率だけ上げて再現したもの。これにより、糖度の不十分なブドウからもアイスワインを作成可能に。さらには、スイカやパイナップル等、通常ワインにならないものを醸造できるため、まったく新しい商品をこの世に出すことも可能です。

  • 商品価値を決定づける「香り」。ついに、実用的な濃縮技術が登場しました。

    微量でも商品の印象をまるごと変える、香り成分。缶コーヒーやシャンプー、即席麺のスープなど、想像以上に多くの商品に入っており、私達の生活は香料に囲まれていると言っても過言ではありません。しかし、この香料の多くは水分子と近いサイズであり、従来の膜濃縮では水と一緒に抜けてしまう成分がありました。実験室スケールから産業スケールまでの需要に応えられる明和工業の凍結濃縮技術であれば、様々な原料から高品質な液体香料を生み出したり、輸送コストを下げたりすることが検討可能になります。

仕様

撹拌型循環型
形式PFC-MPFC-C
処理量 [ℓ]5〜1025〜50
最大冷凍能力 [℃]-35
エタノール45%まで濃縮可能
Brix 25まで濃縮可能
-30
エタノール40%まで濃縮可能
Brix 20まで濃縮可能
動力 [kW]1.518.8
外寸950 × 1,400 × 1,400H3,000 × 5,000 × 2,500H(標準)
重量 [kg]350(冷凍機・操作盤込)845(本体のみ)